脳と心とからだを調和させる癒しの手 | 東京六本木インディバ サロン

「皮脳同根(ひのうどうこん)」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

これは、皮膚と脳とが同じルーツを持っているという意味です。

 

皮膚と脳のルーツ???とは、

私たちがお母さんのお腹の中で命を授かった時は

1つの受精卵だったわけです。

この受精卵は、細胞分裂を繰り返して

心臓が出来て…色々な臓器が出来て…顔が出来て…手足が出来て…

およそ10ヶ月で人間として生まれてきます。

 

生命の誕生って本当にすごいですよね〜〜〜

改めて感動しちゃいます。

 

受精卵が細胞分裂を始めた初期段階では、

内胚葉・中胚葉・外胚葉の3層に分かれてます。

 

卵で例えると

黄味=内胚葉

白身=中胚葉

殻=外胚葉

ac27d60b450e8dd3e3174225f78de8c3_t

少しイメージできましたか?

 

細胞分裂を繰り返し、それぞれが身体の一部になるのですが

内胚葉→内臓

中胚葉→骨や筋肉

外胚葉→皮膚や神経、脳、毛、爪

に形成されるのです。

 

皮膚や全身に張り巡らしている神経そしてその神経の信号をキャッチする脳は同じ根源である外胚葉から形成されたんです。

要するに、肌に触れマッサージをすることは、脳に触れマッサージしているのと同じということなんです。

肌を通して気持ちがいいと感じる事は、脳も同様に心までもが癒されるのです。

 

ストレスなどで神経が病むと肌や髪の毛に影響があるのも納得ですね。。。

 

近年、医療技術も進歩しており情報も沢山ある中、不定愁訴と呼ばれる病気ではないけど

体調が優れない状態が続く方が年々増えているようです。

 

私は、お医者さまではありませんが、温熱療法機器であるインディバ と私の手を通して

「気持ちがいい」「気分までスッキリ」「元気が出てきた」「癒される〜」と思っていただける時間を過ごして頂くことが

私の喜びですし、私の誇りでもあります。少しでも多くの方の「癒しの手」になれたら嬉しいです。

 

モヤモヤが晴れない、イライラする、やる気が起きない、肩こりが酷い、眠れない…

ぜひ、体験してみてください。

bigginer-bnr

side-voice

page-contact

 

 

このサイトをフォローする!

PAGE TOP