インディバとは

インディバの特徴

「インディバ®」は0.448MHzという、安全かつ効果の高い周波数帯を使用しているので、容量の多い高 周波電磁波エネルギーを体内に透過させられるのが特長です。
一般的な高周波温熱機器は、施術に必要な二つの電極が同サイズで、筒状に電磁波エネルギーを透過させて熱を発生させますが、「インディバ®」では、二つの異なるサイズの電極を一対としているため、透過深度が高められ、体内にジュール熱と呼ばれる摩擦熱を発生させ、従来困難とされてきた深部・局部加温が可能です。このため温熱効果や施術効果がわかりやすく、お客様が体感を得やすくなっています。表皮での過剰発熱(ホットスポット)も抑えることができ、気になる部位への集中的な施術をはじめ、すべての部位で使用できます。


「インディバ®」ならではの三つの作用

■ 0.448MHzの高周波により細胞自体に熱をつくる「深部加温」
■ 鎮静作用や腫脹・むくみなどに有効な「非熱」
■ 0.448MHzの「電流」自体が細胞膜電位の平衡・幹細胞や脂肪細胞に関与

CAP&RES 両モードにより深部・浅部、局部等、幅広く施術可能

RES (レシスティブ・モード)

厚みのある組織、高密度組織、脂肪組織
および繊維組織に適したモード

レシスティブ・モードによる作用は深層に働きかけ、関節、靱帯といった、より抵抗の高い組織向けのものです。本モードを手技やキネティックセラピーと併用することで、それらの組織での電気的再生エネルギーの作用を集中させることができます。

CAP (キャパシティブ・モード)

表面組織および
血管組織に適したモード

キャパシティブ・モードによる作用は主にエレクトロード付近の軟部組織向けのものです。その特性からコンデンサの働きをし、局所的に再生エネルギーを増加させることが出来ます。キャパシティブ・モードは通電により組織の内部抵抗を下げます(血管新生の促進による)。