キャビテーションプログラム

本気で痩せたい!!”切らない脂肪吸引”

脂肪細胞やセルライトに直接働きかけ「切らない脂肪吸引」と言われる

キャビテーションで気になる部分痩せを実現!

 

キャビテーション(空洞現象と呼ばれる現象を示す)とは、

体外から特殊な超音波を当てることで脂肪の乳化作用を促し、老廃物の排泄をスムーズにすることで施術部分のサイズダウンが期待できます。

このキャビテーションの原理を用いて、発生する気泡が、他の細胞や血管そして神経にダメージを与えずに、「脂肪細胞膜」のみにアプローチすることで、余分な脂肪を体外へ排出させる仕組みです。

 

また、ヒーリングサプリで取り扱うキャビテーション機器は、4つの機能を併せ持ち皮下脂肪やセルライト、むくみやたるみなどの悩みにより効果的に働きかけてくれます。

 

image11<キャビテーション>

もっとも痩身効果が高いと言われる32Khz~38Khzの特殊な超音波エネルギーで体の深部に働きかけます。脂肪細胞を効果的に減少させ、リバウンドしないスリミングな体型へと導きます。

 

 

image9<ラジオ波>

800Khzのマルチポーラで皮下脂肪を効果的にあたため、脂肪を溶解して引き締まったボディに仕上げます。セルライトの改善、新陳代謝がアップ、コラーゲン再生によるリフトアップ効果も期待できます。

 

 

image10<LD>

650nmの低出力レーザーを照射することにより、脂肪に一時的に孔を開け、脂肪が細胞外に溶け出します。空っぽになった細胞は小さくなり、溶け出した脂肪は代謝によって体外に排出されます。老廃物の排出を促し、基礎代謝を高め、セルライトや冷え性にも効果的です。

 

 

image12<LED>

2色の光でお肌のコンディションを整え、透明感のあるお肌を手に入れることができます。

 

 

 

期待できる効果◆

◇デコボコセルライトの改善

◇頑固な皮下脂肪の減少

◇加齢やダイエットによるたるみの改善

◇冷え性やむくみの改善

◇気になる部分だけのサイズダウン

◇お肌のハリ、透明感アップ

◇新陳代謝アップ

 

◆30代女性 8回◆

ビューティーポット After.004

 

リバウンドしにくい身体へと変化するといわれているのは、脂肪細胞の数そのものが減るためだと言われています。

また気になる部分だけの集中ケアが可能であるため非常に人気の施術メニューです。

 

<<キャビテーションコース基本行程>>

行程

インディバ(深部加温)→ キャビテーション(*20分or30分/1-2部位) → リンパマッサージ → 覚醒

*身体の状態(施術部位の広さ、脂肪の厚さ、硬さなど)により適正時間が変わります。

 

◎施術部位◎※あくまでも目安です。

①二の腕&肩甲骨(脇腹)

②腹部(下腹部)

③腹部(上腹部)

④ウエスト&腰

⑤ヒップ

⑥背中

⑦太もも(外側)

⑧太もも(内側)

⑨膝上

⑩ふくらはぎ

 

※鼠径部・手・首・顔・頭・胸は適応外となります。

※脂肪のつきかた・厚さにより、ご希望の部位への施術ができない場合もあります。

 

【禁忌(施術を受けられない方)】

心疾患、頻脈症、ペースメーカーを使用されている方

血栓症、血栓性静脈炎の方

金属製のプロテーゼを体内に使用されている方

臓器移植手術を受けられた方

妊娠中の方

 

キャビテーションの副作用とは?.001

 

体験コースのご案内はコチラ↓

bigginer-bnr

 

page-contact

 

ぜひ、お友達追加してくださいね

友だち追加

 

 

キャビテーションの副作用とは?

キャビテーションに危険な副作用はありません!

キャビテーションは、超音波を身体に当てる痩身方法ですが、機械を身体に当てることに抵抗がある方も少なくないと思います。

しかし、危険な副作用や後遺症といった報告は医学的な報告もありません。

何より、キャビテーションは医学的に安全が実証されております。

キャビテーションに関しては、照射する超音波の周波数が脂肪にだけ働き、周りの皮膚や筋肉、その他の細胞や血管などには全く影響がないということが臨床実験で実証済みですから安全性も保証されています。

 

医療機関でも使用されているので、信憑性と安全性は問題ないと言えます。

 

 

キャビテーションを受ける際の注意点

1.超音波による骨伝導

施術中にキーンという耳鳴りのような・・・金属音のようなものが聞こえます。

体内でキャビテーション(空洞現象)がしっかり発生している状態が骨を通じて伝わってきます。

これは、脂肪細胞へのアプローチが上手くいっている証拠でもあります。

 

2.肝臓への負担増加

キャビテーションによって溶け出した脂肪は、肝臓に集められ分解され、体外へ排出されます。

肝臓への負担が増すので肝機能が悪い人には負担が大きくお勧めしません。

また、早く結果を望むのであれば施術後は糖分や脂肪、アルコールやタバコを控えていただくことをお勧めします。

脂肪の消化は肝臓への負担が大きいのでだるさや眠気が出ることもあります。

 

3.胃腸の不調

他の施術でも同じですが、施術前後1時間の食事はお控えください。

人によっては、肝臓に負担がかかると、胆汁生成機能が落ちるため脂肪を代謝消化できず一時的に下痢になることがあります。

 

4.一時的に血中内の中性脂肪値が高くなることがある

キャビテーションを受けている間に血液検査をした場合に一時的に中性脂肪値が高くなることがあります。

これは、溶けた脂肪が肝臓に向かう際に血管を通り血と混じるためです。

しかし、人の身体の脂肪燃焼メカニズムは、血中の脂肪を先に燃やすようにできているので一時的な数値と言えます。

 

 

「切らない脂肪吸引」↓

ビューティーポット After.004

bigginer-bnr

 

サロンインフォメーションを以下のLINE@でもお知らせします♪
ぜひ、お友達追加してくださいね

友だち追加