夏の水毒をデトックス!

残暑お見舞い申し上げます

亜熱帯のようなむし暑さと灼熱の太陽☀の日が続くと思っていたら?????ナント!思いもよらない8月の悪天候・・・

日照時間がとにかく少ないらしいです。。。お野菜がなかなか成長しにくいですよね〜(価格高騰確実ですね)

お野菜が成長しにくい環境ってことは、人間の身体にだってこの環境が良い筈がなく… 

 

日照不足になると・・・

images-5

セロトニンという「幸せホルモン」の分泌が減ってしまう!!!

なので元気が出なかったり、モヤモヤと色々と考えすぎちゃう不安感が増えてしまったり!

エネルギー不足気味の身体になってしまうんです

そして、骨を作るビタミンDが生成されなくなるので

骨がもろくなったり、骨粗鬆症、免疫力低下、糖尿病、動脈硬化などのリスクが高まってしまうんだそうですよΣ(・□・;)

花粉症などのアレルギーも酷くなるらしいです 

極め付けは、コレステロール値が高まるんですって・・・!(◎_◎;)

 

 

 

やっぱり夏は夏らしく灼熱の太陽と入道雲とほどほどの暑さは欲しいものです...

am500_pe057

むし暑さは異常なくらいで勘弁してほしいけど(-。-;

images-1images-4

↑気持ちわかるぅ〜

 

まだまだ暑い日もありますので油断せずに

水分とミネラル補給を忘れずに!熱中症に充分注意してくださいね。

 

室内にいることの多い方は、ぜひ常温か温かい飲み物を心掛けてください

 

暑さが戻ると一気に高温多湿の環境になるので室内に入ると、どこも寒いくらいエアコンが効いていますね。

室内で長時間同じ姿勢でいると水分代謝も滞り、その上身体が冷えて血流も悪くなりますから

本来、身体から排出されるはずの水分と老廃物である水毒を抱えた状態が続くことになります。

 

そのまま放置していると・・・・

 

images-6

疲れが取れない

身体がだるい

肩こりや背中のハリが強くなる

全身のむくみ

やる気が起きない

胃腸の調子が悪い

食欲がない

体温調節がうまくできない

など・・・

 

さまざまな夏バテのような症状を強く感じるようになります。

 

症状が重症化する前に!

まずは、

 

1.入浴

暑い時期って、意外と身体が冷えていて内臓に負担がかかっています。

バスタイムは、ゆっくり入浴してその日の冷えをリセットしてあげて内臓の負担を軽減してあげてください。

疲労回復にも大変効果的です。

 

2.飲み物

水分補給は大切ですが、冷たい飲み物だけにならないように常温もしくは温かい飲み物も飲んで身体を冷やさないようにしてあげてください。

 

3.食べ物

ビタミンB1:  エネルギーを作る際に必要になるのがビタミンB1!夏バテに負けないエネルギーを生み出します。

※「アリシン」を多く含むネギやニンニクなどと一緒に摂る事で吸収を高めます。

豚肉、うなぎ、大豆、ナッツ類

 

ビタミンE: 血流を良くしたり体内循環をスムーズに!血管の汚れもクリーニングしてくれるので栄養を届きやすくして老廃物を排出しやすくしてくれます。

かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド、松の実、ごま など

 

カリウム:利尿作用によって、体内の余分な水分を排出してむくみ解消!

きのこ、ほうれん草、玄米、海藻、豆類、バナナ、リンゴ、キウイ、小豆のゆで汁など

 

クエン酸: 疲労回復に効果抜群!代謝を高めむくみ解消!

レモン、グレープフルーツ、トマト、梅干し、酢(酢の物など)

 

を心掛けてくださいね〜(^0^)/”

 

 

水毒の排出を高めるために身体が冷えていては絶対ダメ!
身体を温めることも大切です!

身体が冷えていると水毒だけでなく血液も停滞して
酸欠状態なので身体中が重くてやる気もでない負のスパイラルに突入。
さらに放置していくと血栓症や静脈瘤などを発症してしまうので気をつけてくださいね。

 

グラフィックス1
カラダ温暖化!とっても大切です。

インディバボディで全身の水毒をリセットしちゃいましょう

 

bigginer-bnr

page-contact
友だち追加