女性の節目年齢は7年周期

東洋医学の教科書『黄帝内径(こうていだいけい)』の文献では、
「女性は7の倍数」「男性は8の倍数」の年齢に節目といえる、
体の変化が訪れるという記述があります。

 

“女性の節目年齢は7年周期”

7歳 永久歯に生え変わる

14歳 初潮を迎える

21歳 女性の体ができあがる

28歳 女性として体が最も充実する

 

35歳 容姿の衰えが見え始める
●顔がやつれ始め、髪の毛も抜けやすくなる
肌や髪のケア、婦人科系のトラブル注意

 

42歳 白髪が目立ち始める

●老眼も感じはじめます

 

49歳 閉経
●閉経前後の不定愁訴が起こりやすくなる。
ストレスケア、ゆったり過ごす工夫を。
生活習慣病にも注意

 

56歳(50代)
 肝気が衰え始める
●イライラ、目の疲れ、体力低下
心と目のケア、こまめに体を動かす週間を。

 

63歳(60代)
心気が衰え始める
●動悸、息切れ、慢性疲労、不眠が起こりやすくなる
疲れ、血行促進、質の良い眠り対策を。

 

70歳、77歳(70代)
脾気が虚弱になる
●食欲不振、胃腸虚弱、便秘・下痢が起こりやすくなる
胃腸ケア、便秘対策を

 

84歳(80代)
肺気が虚弱になる
免疫力を下げない、のどのケア、水分補給を心がける。

91歳(90代)
腎気が減少する
女性として素晴らしい長寿
心身をケアして元気に年来を重ねましょう
二千年も前の文献ですので、環境の変化による変化があるのではないか
と思うのですが…現代女性の閉経年齢は、50歳前後でほどんど変わっていないらしいです。

女性は28歳、男性は32歳でピークを迎えます。

 

これから訪れるさまざまな衰えに備えて養生していくことが大切になります。

やはり、気を整えることが加齢に伴う老化速度を緩めることにつながります!

睡眠:気を補う⇒体のダメージを修復しないと老化が早まります。
運動:気を巡らせる⇒気の滞りは、病気にかかりやすくなります。
食事:気を補う⇒エネルギーを作り補います。
感情:気を整える⇒感情は五臓に影響を及ぼします。

 

酷暑だった夏を終えて

これから心身を整えやすい時季になります。

ぜひ、自分のカラダに目を向けてみてくださいね。

main-img

bigginer-bnr

limited-campaign-bnr